海外と日本の借金返済の違いとか

海外と日本の借金返済の違いとか

海外と日本の借金事情の違い。どこにあるのか?まず大きく違うのは日本の場合にはグレーゾーンの金利が法律で
どんどん実際に廃止されていった。海外を調べてみると個人間とか、お金のトラブルで大きな事件に発展することが非常に多い。

 

 

 

大手金融会社の勢力が大きい以上、圧倒的な収益になるんだなと感じている。

 

 

私は今、南米のある国でホームステイをしています。

 

 

 

ホストファミリーは優しく、特にお父さんとお母さんは本当の家族のように接してくれます。

 

 

 

何不自由ない生活ですが、最近悩んでいることが一つ。

 

 

地域の若い人たちに遊びに誘われることです。
これだけ聞くと、「嬉しいことじゃないか」と思いますよね。

 

 

私も誘ってもらえること自体はとても嬉しいです。
その遊びというのは、いわゆるレクリエーションやスポーツ。

 

 

 

これが私にとってはそれほど楽しいとは思えない、
どちらかというと少し苦痛な時間なのです。

 

 

まずレクリエーションに関しては、まだ語学が未熟なために、

 

 

ルールを聞いても理解できないことが多い。

 

 

ゲームがスタートしてやっとルールが何となく分かっても、
同じく言語の問題で自分には参加することが難しいのです。
そのことで周りに気を遣わせてしまうのも申し訳ないですし。

 

 

 

次に、私はスポーツが大の苦手。

 

バレーボールに誘ってもらっても、まずサーブが入らない。

 

 

 

本気のスポーツではなく遊びであっても、あまり楽しめないのです。

 

 

とはいえ、地域の人々とは仲良くなりたいので、スポーツに誘われたときは

 

 

あまり気分が乗らなくても参加するようにしています。

 

 

 

それがたまになら良いのですが、この若者の集いは日曜日に毎週開催されるようなのです。

 

 

そもそも日曜日は自由にゆっくり過ごしたいのに・・・。

 

 

それから、参加している若者は10代からせいぜい20代前半なのですが、

 

 

 

私はもう20代後半。
こちらの人たちからは私がかなり若く見えるため、誘ってもらっているのですが、

 

 

 

 

正直彼らと一緒に盛り上がる気持ちにはなかなかなれません。
「自分の気持ちに正直に、気分が乗らなければ断れば良い」と思うのですが、

 

 

 

 

まだこの人とは打ち解けていないな、と感じる人もいるので、
無理して誘いを受けてしまいます。
毎週はキツイのでたまには断るつもりですが、時々はこれからも行くんだろうな・・・

 

30代の兼業主婦です。同年代の夫・幼稚園児の息子とともに、頼りない収入ながら日々を楽しく暮らしています。

 

 

 

子どもが生まれて母となってから、自分の子ども時代における父母の言動などをよく思い返すことがあります。ずっと自覚がなかったのですが、私は激しい体罰やモラルハラスメントなど、虐待を受けつつ育ちました。父母の年齢が若かったこと、その他の家庭環境などを考えれば、すでに老いた両親を責めたりする気には全くならず、ただ内心で述懐を繰り返しているだけなのですが。

 

 

 

お金に関する意識のしつけがあります。実家は、半分同居の祖父母は資産家でしたが、脛をかじり続けてヒラ・サラリーマンであった父は薄給でした。本人いわく家庭に縛り付けられた母は専業主婦、ごく少ないお金でかつかつの暮らしをしていたのです。

 

 

 

バブル時代の終焉期で、周囲のクラスメイトたちとはごく普通に接していても格差が感じられました。

 

 

 

海外の取り立ては怖すぎる。

 

 

 

今はバブル時代とは違う借金返済方法が主流ですよね。

 

 

借金返済の仕事人-お金が返せない時の解決の方法とコツ一覧

 

 

夏休みなどの長期休暇があると、それが顕著になります。友人たちはどこそこの遊園地に連れて行ってもらった、映画に行った、旅行に行ったと無邪気に話している中で、自分はまさか毎日家の庭の草むしりをさせられていたとは言えませんでした。

 

 

 

父は土日も出勤しているか、趣味の登山にいっているかのどちらかで、私たちと何らかの楽しみを共有した思い出はありません。母は閉じこもりがちで、私が公園に行くのすら拒否していたのです。

 

 

 

今思えば完全に機能不全家庭だったわけですが、こういった精神的な貧しさに加えて物的にも貧困であったので、もうどうしようもありません。

 

 

 

お友達に話すことがないのはかわいそうだからと、子どもを旅行やレジャーに連れて行くのは変な話です。

 

 

 

ですがそれ以前に、「家族みんなで、楽しい時間を過ごそう」と思える精神的な豊かさは、さほどに高収入の家庭でなくてもできることでしょう。

 

 

 

 

お金がないならないで、そこからいかに工夫をして楽しく生きていくか…私の父母はそれを教えるべきだったのです。

 

 

 

 

 

と、今更言ってももちろん仕方がありません。この、精神的な貧しさの鎖だけは何としても断ち切りたく、私は現家庭において、子どもや夫と過ごす時間をできるだけ貴重なものとして、大切に過ごそうと努めています。

 

 

借り入れ100万円!5社の金融機関から借金をしていた私が返済のためにやったこと。

 

■簡単に借りれてしまうことから、膨らんでしまった借金…。

 

 

最近では消費者金融の審査もスマホやネット、無人窓口で簡単に行えるようになり、ちょっと生活費に困ったときに誰もが「借金」をしやすい世の中になりました。

 

 

出来れば借金のない生活を送りたいですが、どうしてもお金がないときには頼らざるを得ないし、最初は少しだけ…。と思って借りたつもりが、どんどん膨らんでいったという人も多いのではないでしょうか?

 

 

ただ、複数の会社から借り入れがあると、返済日も異なるため、利息を払うことも厳しくなって、なかなか借金額が減らないという人も多いですよね。

 

 

そんなときに試して欲しい方法をご紹介したいと思います。

 

■無料相談窓口で「債務整理」を検討する。

 

 

破産宣告とは?

 

 

自己破産や破産宣告を選択する人は減少している。

 

 

 

私の場合は5社の金融機関から借り入れ総額が100万円ありました。当時、フリーターで一人暮らしをしていたこともあり、本当に完済できるのだろうか?と、不安を抱える日々が続きました。

 

 

そんなとき、テレビやラジオのコマーシャルでよく見かけていた「債務整理」を検討しました。

 

 

私が検討した債務整理は任意整理(私的整理)と呼ばれるもので、利息の負担を減らし、数年かけて分割で返済していくという目的のものです。

 

 

弁護士さんや税理士さんを通して消費者金融に利息の減額を申請し、元本を2〜3年かけて返済していくのです。

 

 

最近では債務整理の無料相談窓口を設けている弁護士さんや税理士さんも多いので、相談自体は無料で気軽に受けることができます。

 

 

無料相談では、自分がどこの会社からどれくらいの借金をしているのか?いつから借り入れしているのか?などをヒアリングしてもらい、利息分を含めた総返済額と、整理した場合の返済額をシミレーションしてもらいながら、説明していただけます。

 

 

依頼費用は依頼する会社によって様々なようです。

 

 

3社に無料相談をしてもらいましたが、10万円以上〜5万円以下と依頼費用には大きく差がありました。

 

 

 

■債務整理かおまとめローンか

 

 

 

 

 

債務整理を検討していたものの、無料相談の際に「おまとめローン」のことを教えていただきました。

 

 

おまとめローンとは、複数の会社から借り入れしている借金額を1社にまとめて、返済の負担を減らす目的のローンのことです。

 

 

1社に返済をまとめることで、返済日が月に1回になるので効率よく借金の返済ができるのです。
運よく、おまとめローンの審査に通り、分散していた借金がまとまったことで返済できていることを実感できました。

 

5社に分散していたときと比較しても利息額の負担が小さくなったので、想定していたより早く完済できました。

 

 

■おまとめローンの審査は厳しい?審査に落ちたら債務整理の道もある!

 

 

ただ、複数の会社から借り入れがある場合、おまとめローンの審査に通りにくいというデメリットがあります。
一度挑戦してみて、ダメだったら債務整理を検討するという手段を取ってみてもいいかもしれませんね。

 

 

任意整理(私的整理)のメリットとしては、「利息額を減らせることで完済しやすくなる」、「自己破産や個人再生のように官報に記載されたり、職業や資格制限がない」、「家族や知人にバレない」、「過払い金がある場合、臨時収入として受け取れるので、借金額を減らせる」などのメリットがあります。

 

 

自己破産や個人再生と比較しても、デメリットが少ないものの、5年程度はブラックリスト(信用情報機関)に載ることになるので、新たな借り入れやローンを組むことができなくなります。また、借金額を失くすのではなく、あくまで「利息」の負担を減らす目的であるという点を理解しておきましょう。

 

 

とはいえ、弁護士さんや税理士さんが書類を作成して和解へと話を進めてくれるので、当事者が難しい手続きをする必要もありませんし、任意整理をした時点で催促もストップするので、借金はなくならないものの、精神的負担が少なくなることは確かです。

 

 

 

利息分ばかり膨らんで、一向に返済が進まない…。そんな借金の悩みを抱えている人は、ぜひ一度、任意整理について無料相談窓口でヒアリングしてもらうことをオススメします。

 

日本の借金はいくら? 世界の国の借金ランキング